2016年5月30日月曜日

2段階8時限

2段階の みきわめ です。

先週はシュミレーターでしたので、2週間ぶりの実車。

教習前の説明で・・

教官「これまでのおさらいです。コースを走ってもらいます。

これまでの技量の確認や、交通法規を守った走行が出来ているかを判定します。

技量不足などで、もう少し練習が必要な場合は延長になりますが、よろしいでしょうか?」

とり「あっ、は、はい。。」

教官「卒検では慣らし走行はないので、よろしいでしょうか?」

とり「あっ、は、はい。。」

この地点で緊張MAX

教官のあとについてコースに入る。

うぅ。。この単車、クラッチ入りにくいやつ。。

技術の問題が、あるとわかっているけど本当に入りにくいです。

コースを1周走って停止位置に止まる・・

教官「上半身ガチガチです(苦笑いで)

他に気になったのが停止線に少し突っ込みすぎですね。

早すぎてもいけないけど、もう少し手前で」

とり「あっ、は、はい。。」

では、次ぎのコースを走りましょう。

とり「あっ、は、はい。。」

少し落ち着いて来たが、コースを迷う・・頭真っ白

ヘルメットの上から頭をかく・・ぽりぽり

ずっと疑問のまま走行して、停止位置に到着。

コースは体が覚えていたようで、間違ってはいませんでした。

教官「それでは交互にコースを走ってください。落ち着いて下さいね。

さっき、コースを一瞬迷いましたね、そういう時は止まって下さい。

卒検でもコース間違いは減点にはなりませんので、落ち着いて下さいね」

とり「あっ、は、はい。。」

交互にコースを走った後は、S字・スラローム・クランク・一本橋と自由に練習を

させてもらいました。

時間になり指定されたところへ単車を止める。

ふぅー、汗だく。

教習後のおさらい。

教官「とりさんね、これで教習は終了としますね」

教習原簿に判子を押して、日付を書き込む教官

--------

5月29日に全ての教習が終了しましたので、

3ヶ月以内の8月28日までに

卒業検定に合格のこと

--------

教官「それではね、受付で卒検の申込みをしてください。

落ちついて下さいね。お疲れさまです」

とり「あっ、は、はい。。ありがとうございました」

プロテクターなど片付けていたら教室は、私だけになり、ふと原簿が目に入り、

もうこの原簿を取出すことがないと思うと、少し寂しい思いになり、

スマホを取り出して撮影した。

教室を出て歩いていると、本日の卒検が始まった。

しばらく、眺めていたが、失敗するシーンを見るとメンタルに悪いので

教習所を後にしました。

さて、気持ちを切り替えて卒検

頑張ろうΣb( `・ω・´)グッ

2016年5月25日水曜日

2段階7時限

駅前清掃のボランティアで4時半起き

6時過ぎには帰ってきて、またパジャマに着替えて寝ようとするが、

ブログを書きだす。

教習所に行くため、家を8時過ぎには出る予定なのに、時刻はすでに7時45分。

まだ、パジャマのまま・・慌てて、用意することに。

家を出る前にブログを投稿したのが、8時10分過ぎ。

やっと、実際の教習段階にブログが追いついたけど、その代償は大きかった

---------

教習所に到着。朝一なので気持ちがいい。

教室に行くと、数人の教習生が居た。

今日はシュミレーターと学科なので、プロテクターなど用意しなくて

いいので、椅子に座って待っていた。

そのうち、教室の椅子が足りないくらい教習生が増えてきた。

中には見慣れないゼッケンの色を付けた教習生も?

教官が来て「検定を受ける方は・・・」

あの見慣れないゼッケンは検定を受ける教習生だとわかった。

教習時間になり、シュミレーターの教室に入る。

前回はいろんな事故を体験したが、今回は危険を回避するように運転する。

いつものようにシュミレーターにまたがりエンジン始動。

走り出して1分もしない間に、うぅぅ・・・気持ち悪い。

でました、シュミ酔い((+_+))

もちろん原因は、寝不足です。

何とか1時間耐えて休憩。{冷や汗かいた}

水を飲んで気持ちを落ち着かせる。

シュミのあとは学科。

学科は免除ですが、1時間は受けることになっているようです。

交通法規を忘れていることも多いなぁと認識。

止まれ表示もない交差点で、四輪から見て左側に二輪。

教官「とりさん、どっちが優先ですか?」

とり「単車が優先です・・ヵ?」

正解は左優先なので、二輪とか四輪は関係はないです」

とのことです。そんなことも忘れていました。

その後も、いろんな危険の場面を見て、ディスカッション。

昨年、交通事故死の統計で事故を起こして24時間以内に亡くなられている方は

大体どれぐらいおられるのか、聞かれて約10000人と答えたら

10年以上前から取り締まりなどの強化もあって、現在では約5000人とのこと。

誰も事故など起こしたくないと思っているが、結果、起こしてしまったというのが事故。

改めて、気を付けたいと思いました。

最後は二人乗り運転に関するDVDを見る。

一般道路では免許取得から、1年経過しないと二人乗りは出来ないとのこと。

ただし、側車は除く・・SRに側車。。




2016年5月22日日曜日

2段階6時限

いよいよ、みきわめ 前の最後の実車教習。

教習前の説明をうける。

立ち走行による走行、波状路、法規を守って自由走行など。

本日一緒に教習を受ける方は女性ライダー。

教官から「これ乗ったことある?」と示されたのは新しいスーフォア。

教習生「いえ、ありません」

教官「今日はこれを乗ってもらいますが、これまでの単車と違って

クラッチがスムーズだったり、速度がすぐにあがります。

ですので、気を付けて乗って下さい。

検定は、これまでの単車になるので、これに慣れてしまうとよろしくないので

コースを一回だけ走ったら、これまでの単車に乗り換えますので」

教官「とりさんは、これで」

とり「あっ、はい」

ん?乗った瞬間に何か違う感じがした。大雑把に言うと軽く感じた。

Nにしてエンジンを始動・・・クラッチが軽すぎてNを飛び越えて

ローとセカンドに入る。何往復かしてNに入った。

エンジン始動・・音も違う。軽やか

少しアクセルをひねると、フォーーーーーーン!恐ろしいほど吹けあがる。

周りの目線が気になった・・{い、いや、いつもの感じでしたんですけど・・}

いざ、コースへ入る。

う、うぉ、、少しアクセルをひねるとグンっと進む。

単車が走ろう走ろうとするような感じ。

ハンドルも軽やか。

これ同じスーフォアなの?と思いました。

そういや、ばくおんの中で教習車は市販車より性能が落とされると

バイ太が言ってたけど、市販車だともっとすごいのか・・こわすぎ

しかし、コース内では短い距離の中で、右左折するので

あまり、早く走るとウインカーや安全確認が遅れてしまう。

まぁ、慣れなんでしょうけど。

その後、単車を乗り換えて、いつものスーフォア。

そ、それ1段階で乗ってた、ボロいスーフォア・・

教官「どちらでもいいんで、乗ってくださいね」

本当ならレディーファーストだろうけど、お先に~

けど、私が選んだのはクラッチの入りにくいスーフォア。

相手の教習生はわかってなかったと思うけど・・

教官の後に続いて、立ち走行でコースを走ります。

縁石乗り越えてコースをワープしたり、コーンを自由にスラローム。

そして波状路の前で止まる。

初めは座って波状路。次に立ち走行で波状路。

おもしろかった~

若いころMTBに乗っていて本来オフロードの方が好きです。

車体が揺れる挙動に合わせて、自分が乗ってる感じを思い出しながら

乗っていました。

楽しい時間はあっという間に終わります。

教習のおさらいを受けて終了。


------------------

ようやく、実際の教習段階とブログが追いつきました。

今日も9時から教習です。

現在、7時45分 まだパジャマのまま。

ブログ書いて遅刻している場合じゃない、早く用意して行ってきます。

2016年5月19日木曜日

2段階5時限

最近、四輪教習の繁忙期が終わったのか、教習生が少ない。

逆に二輪は多いような気がする。

今回も二輪の教室は教習生がたくさんいました。

5時限目はシュミレーター。

交差点での単車事故の模擬体験でした。

交差点に単車が直進で進入、車が右折で進入。

車が単車は、まだ来ないだろうと右折したところ、単車が追突する。

これは実際に見たことがある。未遂も事故も・・

あと、巻き込み事故・・

最近、youtubeで二輪の事故動画をよく見ています。

自動車同士は車が壊れるだけの事故が多いけれど、

単車はちょっとした事故でも身体にダメージを受ける。

慣れてくると、当たり前のことを忘れてしまって事故につながる。

運転技術は超エリートの白バイ隊でも事故をする。


他にもシュミレーターで、色んな事故パターンを体験しました。

大型車に続いて右左折するときは前方が見えないので、大型車についていけば

いけるだろうと判断しないで、しっかりと確認出来るまで単車を走らせないことを

肝に銘じました。

2016年5月17日火曜日

2段階4時限

教室は教習生でいっぱい。

その中に私が1段階6時限の時に入って来られて、初日にプロテクターを

付けるのを教えてあげた方が、もう2段階になっていました。

そう思うと、私はスローペースですね。

教習の申込みをしたのは1月11日。

実際の教習が始まったのは3月26日。

仕事の都合で、同期の方より2週間遅れてスタートしているから、

もう、同期の方は皆さん卒業していると思う。

それは初めからわかっていたことですが・・・

ただ、足踏みしていた時と違って、今は行進している。

足踏みはゴールがない。だから辛い

行進にはゴールがある。

結果はどうであれ、達成感や喜びがある。

ただ、足踏みも無駄ではなく、それが長かった分、喜びは大きい。

人間は難しいものだ。

わざわざ困難に向かって、それに挑む。

達成感や喜びを得るために。


-------------------

本日の教習項目は急制動と回避

教官は・・3回続けて同じ先生。

車と単車の40km/hの体感は恐ろしいほど違う。

制動開始点手前でようやく40km/hになっていたみたいで、教官から

「とりさーん、早めに40km/hにして、制動開始地点の手前からアクセルを戻して

ブレーキをかけていきましょう」

何回も繰り返すことで、コツがつかめてきた。

そういや、大型教習の方が急制動でロックしていたけど、バランスを崩さず停止していました。

流石やけど、こわー

次は模擬追突体験と回避

教官があげる旗の色で右・左・直進を判断して停止する。

指示速度は30km/h

旗があがり指示された方向へ回避

そして停止

自分が旗を確認した地点と回避した地点を聞かれて

とり「確か・・・このあたりで旗を見て、このあたりで回避

教官「大体、あってますね。」

コースからその距離を見ると、こんなにも進んでいたんだと驚いた。

車は急に止まれないと言うが、単車はもっと止まれない。

残りの時間はS字・スラローム・クランク・一本橋を繰り返す。

最後におさらいをして、4時限終了。

みきわめを入れて実車はあと2回なので教習前の法規走行のイメトレを

しっかりしておこう。

次はシュミレーションです。

2016年5月9日月曜日

2段階3時限

めずらしく教室が賑やか。

教習生同士、知り合いなのか談話していた。

もちろん、私は・・{乗車は・・降車は・・発進・・駐車・・コース・・安全確認・・}

また腹痛が・・まるで病人。

教官は・・前回と同じ先生。

一緒に教習を受ける方は談話していた、若い女の子。

いつものように教習項目の説明を受ける。

カーブの安全走行と姿勢の説明

20km/h と 30km/h の違いを体験してもらいますと説明をしているとき

横で女の子が「あぁー!」と声を出して、教官も「どうしたん!?」

たぶん、これヤバイやつ!ってなことを伝えたかったんだと思います。

とりさん、びびる・・

いざ、コースへ

おぉ、ブルーのスーフォア!テンションあがる。

教官に続いて、私、女の子の順でコースに入る。

今日もブルーのスーフォアのおかげで調子がいい。

カーブでは、20km/h と 30km/h の差がよくわかった。

カーブの入ってしまったら、ブレーキはかけれない。

かけると転倒する。

だからカーブに入るまでに安全な速度にしなければいけない。

それを実体験させてもらった。あと曲がった瞬間の障害物を回避する体験。

やはり、これもカーブに入るまでに安全な速度にしなければ人間の能力では

回避は難しいということを教えて頂きました。

その後、コースを周回していると、

ガシャーン!

一緒に教習をうけていた子が転倒した様子。

とりさん、びびる・・大丈夫か!?

しかし、目線を向ける余裕などない。

幸い、大丈夫だったようです。よかったぁ。

次は運転姿勢。8の字コースをリーンウィズ・アウト・イン

リーンアウトは小回りがしやすい。

教官がリーンアウトすると、見事に小さな円で周れる。

が、注意点は転倒しやすいとのこと。

リーンインは車体より上体を内側に入れる。

これってバイクレースで見たやつかな?{そんなん無理っす!}

教官からニーグリップをしっかりとして下さいとアドバイスを受けて

{そりゃそうだ}   「はい。わかりました」

最後に体験をした感想を聞かれて、リーンアウトの方がやりやすかったです。

と、答える。

今はそう感じると思うけど、なれてくるとインの方が走りやすいとのこと。

でも、基本はウィズですよ。とのこと。

「はい」

教室に戻り、おさらい。

教官「次回は急制動です。予約取ってますか?」

とり「日曜日にとってます」

教官「順調に来ていますが、そろそろ仕上げの段階です。しっかりと頑張ってください」

2段階2時限

約2週間ぶりの教習所。

その前はシュミレーター教習なので実車は3週間ぶりとなりました。

今日からゼッケンの色がかわる。

本日の教官を確認すると、苦手な方。

体調万全にしていたつもりが、何だかお腹の調子が悪くなってきた・・感じがする。

ぞくぞくと教習生が入ってきて、トイレに行きたくないけど、とりあえず行く。

手を洗って気持ちを落ち着かせる。

教室に行くと、腹痛がする。これはあきらかに緊張からきているとわかった。

今日は大型の方と2人で教習。

課題の説明を受ける。今日は法規を守ってコースを走りますとのこと。

いざ、コースへ歩きながら・・

{ええっと乗車は・・降車は・・発進・・駐車・・コース・・安全確認・・}

プチパニック・・腹痛 イテテ

教官「とりさーん、これに乗ってエンジンかけてください」

おぉ、ブルーのスーフォア。

テンションがあがり、教官のあとをついていく。

私のあとに大型の方。ベテランに挟まれると安心感があるなぁ

実車は3週間ぶりだったのに、体が覚えていて意外とスムーズに出来た。

法規走行も考えずにできるようになってきた。

イメージトレーニングって大事。

今日はうまくいっても次はわからない。

教本を見て復習をします。

2016年5月7日土曜日

NEOPASA清水

川崎からの帰り NEOPASA清水(下り) に車や単車の展示にバイク用品や

レンタルバイクもやってるみたいと妻に教えられて寄りました。

到着した時、息子は寝ていたので、妻が「ゆっくり見ておいで」と言うので

行かせてもらいました

色々なサービスエリアはあるけど、ここはブックマークです。

レンタルバイクは施設の端にあって、その近くの入口が用品店になっています。




--------------------

展示している車はオープンカーで車種は何かわかりません。

たぶんマツダって書いてありました。

悲しいほど車に興味がないので素通りです・・・

次に単車です。

よく考えると車同様、これまで単車にも興味がなかったので、正直言うと見ても

よくわかりませんが、本やTV、ネットなどで目に入ってくるので

何となくわかります。

カワサキの名車を中年ライダーたちは、マジマジと見てはりました。

他にガラス越しにウン百万もする、レーサーバイクがありました。





--------------------

わたくし、初の用品店に足を運びました。

用品店と言ってもパーツなどはなく、ジャケットやブーツなど衣服関係が中心です。

レーシングスーツと言うものを初めて見ましたが、教習所でつけてるプロテクターが

埋め込まれているんですね。これを着たらアイアンマンの気分になれそうだ。

この展示されていたモデルが何となく違和感あるなぁと思ってたら

ノーヘルです。危ないよー





--------------------

そうこうしているうちに息子が起きてきたので、車の展示を見せにいったけど

あまりお気に召さなかったようで、パッと見て通り過ぎました。

そうかと思ったら、トイレのパティオに展示されていたラジコンに夢中でした。

このあと、お土産屋さんにある車のおもちゃに興味津々。

私は単車のおもちゃを見つけてYAMAHAの単車を探すも

ない、ない、ない 少しだけあったけどSRがない・・

私は単車が好きというより、SRが好きなだけで、それ以外の単車に興味が

ないと言うか、わからないんですね。

でも、教習車のCB400SFは好きになってきました。

なんたって初バイクですからね。




--------------------

ゴールデンウィークも終盤です。

残る予定は息子が楽しみにしているトミカ博に連れて行って、

私は出来る限り、教習所に通います。

2016年5月6日金曜日

蔦屋家電

玉川高島屋から歩いたら、こんな自然の中にスタバがあります。

もちろん人工による自然です。

毎年、ここで季節限定のドリンクを楽しみます。

昨年の季節限定のヨーグルトフラペチーノは驚きの美味しさでした。

今年の新作は、それを抜けなかったけど、それでも美味しかったです。





--------------------

昨年来たときは、まだオープンしていなかった 蔦屋家電 に来ました。

近頃、ネットで調べるのが習慣になっていて本屋さんから遠ざかって

いましたが、改めて本屋の楽しさを感じました。

ネットは確かに調べたいものはピンポイントで探せるので、とても便利ですが、

思いがけない出会いは少ないです。

その結果、知識が偏ります。

このたびは蔦屋家電に行けて本当に良かった。

私だけのワクワク感を思い出させてくれた、蔦屋家電さんに心より感謝!

やっぱり本屋さんは楽しい。





2016年5月5日木曜日

ロボットタウン

玉川 高島屋で ロボットタウン と言うイベントをしていたので行って来ました。

可愛らしいロボットがダンスを見せてくれたり、会話をしてくれます。

見ていると家庭に1台ロボットの時代はそう遠くはないかもと思えてきます。

映画 アイロボット の時代が来てもキャブレターの単車に乗っていたい。

俺は(`・ω・´)




--------------

天災、人災、特に人類がコントロール出来ない原子力発電所の災害には

レスキューロボット開発は、必要急務だと思います。

日本の技術で何とかしてもらいたい。

この春から技術者を目指して大学に進んだ、甥っ子には頑張ってもらいたい。






-----------

ちょっと、このあたりから違和感を覚えた展示。

どうしてロボットを人の姿に近づけるのだろうか?

どうも理解できない。






とんこつラーメン 濃麻呂

お気に入りのラーメン屋さんを紹介します。

とんこつラーメン 博多 濃麻呂 です。

私が行ったのは 二子玉川店

カウンターだけの小さなお店ですが、味は最高です。

川崎市に滞在していた短い期間に2回行きました。

2回ともスープまで完食。

食べた直後に、また食べたいと思うラーメンなんて初めてです。

しかし、関西には店舗はないですね。

ここは川崎に来たときの楽しみにしよう。

いつかSRで来れたら・・・・想像するとにやけてしまう。

画像右下にスクーターが止まっているでしょう。

常連さんは、あそこに止めてラーメンを食して、さっと帰るようです。

そうしたお客さんを何人か見かけたので勝手に思っているだけですが・・・

いつかあの場所にSR止めたろー

駐禁切られたりして(´・ω・`)






----------

濃麻呂の店舗前は高架があります。

その高架下に公園がありました。

大阪だと高架下は、ゴミが散乱しているイメージ

なのに、ここはゴミも落ちてなければ落書きもない。

こんなきれいな高架下を見たのは初めてだと思い写真を撮りました。


たまがわ探訪

神奈川県川崎市に、妻の母と姉家族、そして介護施設にいる父に会いに行きます。

普段は日祝しか休みがないので、盆や正月の休みは長く頂けるのですが

ぎりぎりまで仕事を詰めるので、本当に休みがとれるかわかりません。

で、本当に休みになったら「よし!いくぞ!」って感じで出発!

そんな感じで毎年行くのですが、今年も川崎の家族は、みんな元気でよかったです。

そして、ゆうべ無事に帰阪することが出来ました。

----------

姉夫婦の家は、たまがわ沿いなので、どこかに出かける時は川沿いを歩きます。

たまがわを歩くと、散歩をしている方、運動をしている方、野球やサッカーに

BBQ(※有料で決められた場所)など、楽しい雰囲気があふれています。

今回、改めて たまがわ が好きになりました。






河原で昼寝をした後は、自転車で二子新地まで行きます。

ラフな格好でも二子新地を楽しみます。

こちらの人は自分スタイルで自由に楽しめる人ばかり。

その雰囲気がとても好きです。

そうそう、単車屋さんの前を通りました。人の流れに流されて、

チラ見したぐらいですが、レトロな単車を扱っている単車屋がありました。

そこには老若男女が自由に楽しんで会話をしていました。

いい雰囲気の単車屋さんでした。次回は行ってみよう。

----------

ブログをスマホから更新するって、労力が要りますね。

PCとは使い勝手が違います。

前回のブログはスマホからあげましたが、肩がこってしまいました。

でも、なるべくブログに残していきたいので、いろいろと工夫して書いて行こうと思っています。

2016年5月1日日曜日

ゴールデンウィーク

ゴールデンウィークに突入

私は普段は土曜日仕事なので

カレンダー通り3,4,5日が連休になります。

が、普段休みが少ないので、なんと

連休になりました\(^o^)/

ですので、神奈川県の妻の実家に

帰ります。

いつも休み前は仕事を詰め詰めにする

ので、本当に休みが取れるか

わからないので、宿や交通機関の予約は

とれません。

行ける!となったら、がぁ~っと用意を

して着の身着のまま出発。

高速では天気も良かったのでライダーが

気持ち良さそうに走っていました。

見た単車は大型が多かったです。

残念ながらSRは見たことがありま

せん。。。しかし、あんなスピードで

よく走れるなぁと思います。

ライダーの皆さま、気をつけて下さいませ。