2016年8月23日火曜日

納車

約2ヶ月ぶりのブログ更新

愛車を納車するまでのことを、時系列でブログに書いていくつもりでしたが、

途中無理かも・・・と、思うようなこともあって、

ブログは更新しませんでしたが、

この度念願叶いましたので、人生初の単車の

納車の記録からブログに記していこうと思います。
-----------------------


2016年8月14日(日)

この日は SR400(34F)の納車日。

昨年、SRを納車する時に着ようと買った ユニクロの SR Tシャツ を着る。

もちろん、買ってから初めて袖を通しました。

嬉しさのワクワク感 と 不安のドキドキ感 が入り交ざる。

教習所ではMT車10時間、AT車1時間の実車教習を受けて卒業をしました。

つまり、人生で11時間しか400ccの単車に乗ったことがないのに、

今日は初の公道を、初の単車で自宅まで自走する。

その距離40キロ・・・

単車には初心者マークがないので、周りからはわからない。

さて、次の難関。

私が休みの日は、金魚の糞のようについてくる息子。

とり「今日、SRを迎えに行くから待っててくれるかな?」

息子「僕もいく」・・・予想通り

さて、どうするかな?

先日、2りんかんでSRのシートに荷物を縛るゴムロープを買い忘れた。

時間も無いので、近くのダイソーで買うことにした。

ダイソーの2階でゴムロープを探していたら、

妻と息子が「カブトムシもらった」と言う。

「えっここで???」

聞けば、赤ちゃんを抱っこしたお母さんから、たまたま通りかかった息子に

「カブトムシ要らない?」と、声をかけられたとのこと。

何やらカブトムシが飛んできたので、もらってほしいとのこと。

息子も「お父さん、ほら!カブトムシ!」と興奮している。

そこから、ゴムロープどころではなくなった。

慌てて、昆虫ゼリーや腐葉土、木片やら霧吹きを買う。

とり「早く帰って、カブトムシの家作れる?」

息子「うん!」

お昼になったので、マクドナルドに行く。

全員、ハッピーセットを注文。

3セット分のおもちゃをもらって、上機嫌の息子。

そのまま、駅につながっているスーパーに行く。

とり「じゃあ、カブトムシ頼んだよ」

息子「うん!」

私はデイバックに、パワーフィルターにミラーを入れて、

ヘルメットを抱えて、駅まで歩く。

しかし、暑い・・・ポカリで水分補給。

早く、電車来ないかなぁ

冷房ガンガンの電車に乗った瞬間をイメージして電車を待つ。

10分少々待って、ようやく電車が来た。

キターーーーーーー!

おや!?

弱冷車(´・ω・`)

あかーーーん!

こんな暑い日に弱冷車はあかんよ。

そんなこんなで、約1時間で塚本駅に到着。

うだるような暑さに中、MWIに向かって歩く。

つちのとりさん(@tutinotori)が投稿した写真 -

MWIに到着すると、お客さんが居ました。 

今村さんは、ちょっと不機嫌な感じ。来るのが遅かったからかなぁ?

ま、それもありますが・・・


SRXのお客さん帰られて、34Fがリフトに上がる。

自分でつけへんのか?と言われたが、ミラーもパワーフィルターもつけてもらった。

で、このフィルター大丈夫か?と、フィルターを覗いて、向こうは見えへんけどな・・・

このパワーフィルターを、信用してないイマムラさん・・・

そりゃそうだよなぁ、納車前に慌てて買った、中華フィルター。

大丈夫かと思うぐらい安い商品。

じゃ、これから試乗前に撮影やと、イマムラさんは、

工場の入口付近で、34Fのセンタースタンドをたてて、

そのまま、クルッと半回転。

ええええ~驚いた!

驚いている私をイマムラさんは、不思議そうに

なんや、こんなもん単車屋はみなできるぞ。

今度はサイドスタンドで、クルっと半回転

とり・・・尊敬の眼差し

キーの操作から教えてもらう。

キーの周りの表示は消えてないから、これからの説明で覚えないといけない。

まずは世界標準のハンドルロックの仕方、さらに回すと

パーキングでポジションランプがつく。

イマムラさん「最近の若い奴は知らんわ。気をつけな、これでバッテリーあがるからな」

「キャブはCRやからコックはPRIでガソリン供給される。負圧がないからな。

ONもRESも流れへん。RESないからガス欠に注意せなあかんぞ。

給油はここまで(タンクを覗きながら)で、満タンな。

それ以上入れたら、漏れるかもな。

これも、そろそろキャップのゴム替えなあかんやろうからな。

タイヤのエアは1週間に1回はチェックする。

それと車載工具はない、ヘルメットホルダーもない」

とり「はい、ありがとうございます」

イマムラさん「さ、エンジンかけてみ」


---------------------
前回、うまくかけられなくて

イマムラさん「ほんま乗って帰れるかー?

納車の時は一発でかけてくれよー」

とり「毎回、スタータは使うんですか?」

イマムラさん「それはわからん。想像してやるんや」
---------------------


エンジンに意識を集中して、スタータを使わず、

キックペダル踏むと燃料が流れ込むような音が聞こえた。

薄いか?濃いか?わからない。

まずはこれでキック。ババババ

エンジンが、かかるだけでうれしくなる単車。

生きた鉄馬 SRは名車

まずはイマムラさんが試乗 ババババーと行った。

しばらくすると、イマムラさんが帰ってきた。ん?

するともう1台SRがきたよ。

何と!? うにちゃんだーー!

インスタで郡上八幡のお祭りに行って、確か今朝帰ってきたはず。

それなのに、イマムラさんにお土産を持ってきたとのことです。

わかーーーい!元気~

イマムラさん 「さ、いってきてみ」

とり「あ、はい」 エンジンをかける。

上手くかけれた。

タコメーターを見ながらアジャストスクリューを操作する。

イマムラさん「そのタコは壊れてる。音で合わせるんや」

夜な夜な聞いていた SR Cafe のエンジン音が役にたつかな?

イマムラさん「そのタコで1500rpmが1000rpmぐらいや」


---------------------
※このアジャストスクリューがタンクにあたり、フレームを加工

しないと納まらないと聞いていました。

フレームは加工したくないなぁ・・・と思っていました。


その日、たまたま工場に来ていた、X(T)Japan 部長Hくんが

「アジャストスクリューを、短くしたらいいのでは?」

と、言うアイディアで、イマムラさんを「ほぉ」とうならせた。

そのアイディアでフレームを加工することなく取り付けすることが出来ました。

H部長、ありがとうございました。

この件について、うにちゃんからもコメントをして頂いた。

休場予定日に34F一旦完成

うにちゃん、本当にありがとうございます。
---------------------


よし、いこう。出発はうまくいったが、

商店街の手前でエンスト・・・気を取り直してキック。

ババババ よし!いいぞ。

クラッチをつないでから、くいっとアクセルをひねる。

ババババ力強い。ぐぐぐっと体がおいて行かれる。

すげーー!興奮状態で工場に戻る。

イマムラさん「どうや?」

とり「すごく力強くて最高でした!」


---------------------
工場に戻って来た時にうにちゃんが撮ってくれた画像です。




ありがとうございます!
---------------------


クラッチレバーなど、調整してもらっていたら、空が真っ黒に・・・

雨雲レーダーを見ると北から雨雲が下がってくる。

うにちゃんは慌てて帰っていった。

イマムラさんも単車を工場内に入れていく。

私もSRにデイバックをゴムロープで縛る。


イマムラさん「合羽持ってきたか?」

とり「いや、持ってきてません。早めに帰ります」

イマムラさん「整備は計画的にな。また、こいよ」

とり「イマムラさん、ありがとうございました。それでは帰ります」

キック一発。

masaoimamuraさん(@motor_works_imamura)が投稿した写真 -


商店街をこえたところでエンスト。気を取り直して、キック一発。

2号線に入って南へ向かう。

高速は怖いので、下道。

各ギアでアクセルをひねると、力強く ババババー

その度に、ニヤニヤしている自分。フルフェイスにしてよかったです(笑)

ニヤニヤ笑いながら単車乗ってたら職質受けそう。

ポツポツ・・雨が降り出した。

パワーフィルターなので、雨はまずい。

それも怪しいパワーフィルターやし。

雨で湿気が増してくる。

そこ頃から、信号で停止するとエンスト。

アイドリングが低くなっている。

アジャストスクリューで調整。

それでも信号でエンストする回数が増えてきた。

信号手前で、アクセルを戻して、ブレーキ。

停車する手前でクラッチを切ってローギア。

教習所で習った通り。で、エンスト。

次はシフトダウンをして減速してみた。

アクセルを戻すとパスゥと音がしてエンスト。

その頃から雨が酷くなる。

雨宿りする場所もない。

ここから愛車と言葉のない会話が始まる。

薄い?濃い? イマムラさんが下を薄くしたと言う

言葉を思い出した。じゃあ、どうする?

次はアクセルを少しあけた状態でクラッチを切って止まる。

アイドリングは落ち着かないが、エンストはしない。

天王寺を過ぎた頃が、一番エンストをした。

どうしたらいい?エンジンも、かかりにくくなってきた。

ちょっと、凹んできた。

雨の中、ネットで調べようと思って、スマホを出すが雨で操作も出来ない。

雨に濡れている愛車を見て、すまんなぁと思う。

ベテランオーナーに買ってもらった方がよかったのかも・・

信号待ちの車から見られている目線にイラつく。

SRに憧れて、46歳で普通二輪免許取って、MWI生まれの34Fめぐり逢えた。

あまいなぁと言われても、イマムラさんにお願いをして

34Fのオーナーにしてもらった。

もう、あきらめるか?やっぱり、俺は甘いな・・・

イマムラさん言うてたやん、おもろい、おもろないの例え。

もう、周りの目など、どうでもいい。

イマムラさんに教えてもらったことや、イマムラさんがキックしている

姿を思い出しながら、再び、キックの準備をする。

スタータを引いて、デコンプを使って、3回ほどキックを踏む。

スタータを戻して、いつもの手順。

すると、エンジンがかかった。

エンジン音を確かめながら、アジャストスクリューをあげる。

これまでアジャストスクリューを回していたが、きっちりと

回っていなかったことがわかった。

あげたつもりが、手を放すと多少戻っていたようだ。

ここから、調子がよくなり、エンストも減ってきた。

雨も止んだ。道路もドライにかわる。

自宅に近づくころには、34Fはすっかり乾いていた。

約2時間かかって、自宅に到着しました。

エンジンの音を聞いて妻と息子が出てきた。

息子は大興奮「うぉ~SR400すげーーーー!」

二人の顔を見て、安堵感と心地よい疲労感で、ほっとした。

この日、34Fと帰って来た日のことは一生忘れない。

後々、良い思い出として誰かに話すこともあるだろう。





まず、

安サラリーマンの私に免許取得から34F購入まで、

時間や資金で協力してくれた妻と息子に感謝。

事故のないように気を付けて単車に乗りますね。

そして、

SNSでつながっているライダーの皆さまへ

いつも温かいコメントありがとうございます。

これからも、よろしくお願い致します。

最後に、

34Fを譲って頂いた、XT500乗りSさん、MWI 代表イマムラさん

本当にありがとうございました。

これからも、よろしくお願いします。

SR400(34F)を大切に乗っていきます。